「ずっと社長になりたかった・・・」、その思いひとつで独立起業した男の、現在進行形のリアルサクセスするんだストーリー!

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23歳、大学を単位ぎりぎりでなんとか卒業。

勉強に明け暮れるでもなく、遊びに明け暮れるでもなく・・・

なんか薄っぺらい学生生活だったような気がしていた。

その時はそう感じていたかな。

大学卒業後、就職するでもなく、自分自身どうしたらいいの

かわからず、フラフラしていました。

そしてひとり旅に出ました。



[起業への道 ~23歳~]の続きを読む
スポンサーサイト
10年前に思っていたこと、それは

「30歳ぐらいにはきっとかなり成功してるやろうなあ~」

と確信に満ちた夢をみながら、毎日をふらふら過ごしていた。

まさか30歳でバイトしながら、社長をしているなんて、

君は夢にも思わなかったやろなあ~^^
[起業への道 ~20歳~]の続きを読む
15年前というと、ちょうど高1のころやなあ。

もうこのころになると、恥ずかしげもなく、

「将来おれは社長になるねん!絶対ビッグになってやる!」

と思っていたし、周囲にも公明正大に宣言していたっけ。


なんか自分の思い込みのパワーってすごいなあって最近つくづく

思うわけで、まあ社長になったことは超強引やったわけやけど、

なかなかここまで思い込みの激しい人間は周りにはほとんど

いないかな。


この思い込みパワーできっと僕は成功していくんじゃないかと

思い込んでるわけで、今はめちゃくちゃに苦しいけど、きっとうまくい

と本気で思い込んで、ひとりニヤニヤしているわけです。


高1の時に話を戻すと、まあ一応進学校やったんやけど、

勉強はそっちのけで、クラブ(柔道部)と遊びに明け暮れてた。

まあそのおかげで、今でも付き合える仲間がたくさんできんたんやけ

ど・・・


まあなんせ「社長になりたい!」っていう、このころの強い思いが

今、現実となってるわけです。









なぜか30歳までに独立するんだ!!~~

という別段に意味はなかったんだが、こだわってしまいました。

急ぎすぎちゃうか?

という周囲の意見などまったく耳に入らなかった。

なにか僕の中で、ボーダーラインのようなものが見えたのは事実。

このラインを超えてはいけないような気がしたんよね。

憧れが現実のものに変わった2005年4月。

希望と勇気に満ち溢れていた2005年4月。

苦しい苦しい現実に直面した2005年4月。

社長の道への最初の第一歩・・・










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。